<アデレードのことならおまかせ!>

日本人留学インタビュー

南オーストラリア州政府教育省とのタイアップにより、アデレードの公立校に通う日本人留学生にインタビュー。留学の動機や目的、将来の夢などについて聞いてみた。
インタビュー記事はこちらから

2016年2月から東京都の留学プログラムでYear 11としてアデレードに留学中の笹川さん。憧れだった海外での生活を持ち前の前向きさと積極性で満喫している。

留学のきっかけ
子どもの頃からテレビ番組は海外の話題を取り上げたものばかりを好んでよく見ていたという笹川さんは、成長するにつれ次第に日本から出てみることを考え始めたという。「日本という環境から抜け出して自分がどこまで一人でやっていかれるのか試してみたい」。そんな気持ちが強くなっていたときに母親が勧めてくれた東京都の留学プログラム。笹川さんは迷うことなく応募した。

笹川さんが参加している留学プログラムは東京都教育員会が設立した“次世代リーダー育成道場”と呼ばれる。次世代リーダー育成道場は留学にチャレンジする都立高校生を支援するプログラムで、広い視野や高い英語力、チャレンジ精神や使命感などを身につけて将来日本を担い国際社会で活躍していく人材を育成することを目的としている。2016年は笹川さんも含めて次世代リーダー育成道場に選抜された60人の都立高校生がアデレード市内および近郊の高校にそれぞれ散ってホームステイをしながら約1年間の留学生活を送っている。

吹っ切れた
もともと英語は好きで日本の学校でも得意科目と自分では認識していた笹川さんだが、いざアデレードに来てみると自分が思ったほど話せない、聞けないということに大きなショックを受けたという。学校が始まっても片時も電子辞書が手放せず、先生に何かを聞くにも使う単語や文章もままならない状態。そして友達を作るにもクラスメイトの輪の中に入ることが怖くて最初は友達作りのきっかけも持てなかったという笹川さん。

でも、1ヵ月半位経ったときに急に自分の中で何かが吹っ切れて、クラスメイトに自ら声をかけて隣に座るようにするなど自分からコミュニケーションのきっかけを作れるようになっていった。
「最初は『相手から聞いてくれるだろう』と自分が受け身の姿勢だった部分があったのだと思います。でもやっぱり特にこちらでは自分から手を挙げていかないとダメだということに気がつきました」。
それからは友達もどんどん増えて、先生のところにも授業後に質問に行くなどして勉強面でもしっかりとついていかれるようになり、今ではすっかりクラスの一員として溶け込んでいる。

英語面ではまだクラスで扱う討論番組のビデオなどについていくのは難しいものの、その後日常会話には随分慣れて、今では先生の話していることや勉強している各科目の内容も大きな問題はないという。また、日本にはない演劇のクラスは特に興味深く、「演劇は幼稚園以来です。言葉の勉強にもとても良さそうです」と楽しそうだ。

学校の外でも
充実した学校生活を送る笹川さんだが、それに満足することなく週に1回は一人でバスに乗ってシティの州立図書館に行き、無料の英語グループレッスンに参加して英語でのコミュニケーションの場を広げている。
「グループの中で私が一番若いんですけど、ハチャメチャな英語でもいいので毎回必ず2回は発言しようと決めて頑張っています」。

また、最近ではコミュニティイベントで得意の書道を教えるボランティアも体験した。
「日本の文化を伝えるようなこともしたいと思っていたので、とてもいい経験になりました。人生初ボランティアです。これからも英語を上達させながら人との交流を広げるために日本の事に限らずボランティア活動には参加していきたいと思っています」。

日本にいたときは自分の意思が定まらずに揺らぎやすいタイプだったという笹川さんだが、留学の目的の一つとして掲げていたことがある。
「私は今回の留学経験を通して、『私はこう思う』、『私はこういう人だ』と堂々と言える自分になっていきたい」。
そのため笹川さんは、自分だけではなくて色々な人の考え方を知り、人の良いところを理解できるようになるためにもコミュニティ活動への参加は貴重な機会と捉えている。
「実際こちらでは色々な国の人が集まっていて、ものの考え方は一つだけではないことが分かりました。柔軟性も持った人間になっていきたいと思っています」。
高校卒業後は大学で国際的な知識を身につけて、できれば世界で活躍できるような日本人になっていきたいという笹川さん。国連で働くことにも興味を持っている。

これから高校留学する人へのメッセージ
「留学に来たら恥ずかしいと思ったり、モジモジとしている時間はもったいないので、時間を無駄にしないでドンドン行動をした方がいいと思います。英語の勉強も前もってしっかりしておくことをオススメします!」

                                  取材:2016年5月

留学先
William Light R-12 School(ウィリアムライト R-12 スクール)
21A Errington Street, Plympton SA 5038
http://www.wlightr12.sa.edu.au/

南オーストラリア州公立校の詳細はこちら


南オーストラリア州政府教育機関のブログはこちら

その他の記事...